あしながれくいえむ | 松岡宮

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

04:23

Default.100046
  • 自分のオリジナル曲を収入につなげられるサービス、Audiostockが秀逸(藤本健の“DTMステーション”)
  • ブログ用埋め込みコード

    歌詞

    母は愛しているのです 我が子を愛しているのです
    寒いアシナガバチが つつじの葉っぱの裏で

    長い脚も 翼も 蜘蛛の糸に捕らえられ
    やられた だめだ 動けない 
    そんな いまわの際に

    母は 母は愛しているのです 
    我が子を 我が子を愛しているのです

    母が戻って来ない 小さな巣穴で幼虫は
    雨の音よりかすかに ひゃうひゃうひゃうと啼くのです

    母はそれを聴くのです 寒さで関節がきしみ
    次第に遠のく意識で ひゃうひゃうひゃうを聴くのです

    あの子に あの子にご飯をあげなくちゃ
    あの子を あの子をちゃんと育てなきゃ

    ぽん ぽん 
    春は本当に簡単にたくさんのものたちを生み出してゆく
    そして 
    春は本当に簡単にたくさんのものたちを消滅させてゆく
    ぽん ぽん

    母に嘘ばかりついて 母の財布をくすねて 母の頬を殴り
    家にちっとも帰ってこない子供であったとしても
    数百万の借金を何回も母に肩代わりさせる子供であったとしても
    前科を何犯もこさえて警察に何回も呼ばれる子供であったとしても
    母が憎いと家を出た 見た目だけは美しい娘であったとしても
    母の知らない語彙で反論する 優秀すぎる子供であったとしても
    いまわの際の水のふちでは
    母は やっと 愛せるのです

    蜘蛛の牙に捕らえられ 母の翼がもげる
    くるり身体が廻る つつじの葉っぱの裏で

    空に見えた三日月 それは母に似ています
    翼も脚も外された 哀れな母に似ています

    母は 愛していたのです ほんとうは愛してたのです
    病院のベッドの上で 点滴チューブに囲まれ

    母は 逢いたかったよ もう一度逢いたかったよ
    小さな可愛いあなたに もう一度逢いたかったよ

    明日は天気も戻って 青空 広がるようです
    それは ほんの少しだけ それは それは 遅かった

    ぽんぽん 幼虫たちが ぽんぽん 地面に落ちて
    夜空 見上げた時に 見えたものは三日月

    待ってて かあさん いま そこに行くから
    待ってて かあさん いま そこに行くから

    コメント

    コメントを送るには ログイン が必要です

    このサイトで視聴するには
    Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

    オーディオファイルの読み込みに失敗しました。