宝島 | MAMI

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

05:07

Default.101538

タグ

オリジナル 女性ヴォーカル ライブ 作詞 アーティスト グランジ 未発表曲
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

ブログ用埋め込みコード

歌詞

宝島

小さな離れ小島に女の子が一人 箱の中には小さな宝石たち
クローゼットには手作りのドレスがあって 外には青い空 青い海 優しい彼

でもちっとも面白くない でもちっとも満たされない
海に飛び込んだ 素敵なものを見るため いっぱいいっぱい泳いだけど 街は遠くて

気づくとイルカがいて「君の行きたいあの街まで連れて行ってあげる」って言ったの

嬉しくて一緒に海を渡ったの

たどり着いた街にはいくつもの高いビルが建ってて

夜になるとキラキラとても綺麗

(頑張って働こうそしてダイヤモンドを買って島に持って帰ろう)ワクワクするな



朝目が覚めて気づいた金貨が消えていた どこを探してももう出て来なかった

だけどこんどはとても素敵な洋服を 街中をずっとずっと探しあるいていた

でもそんなのどこにもない ほしいものはなんにもない

「こっちを向きなよ 僕と一緒に遊ぼう」「ずっとずっと守ってあげる」誰かが言った

あの時のあなたは いつもいつも優しかったのに 今は側にいないから寂しい

(もう死んでしまおう) luuu…

体を海につけた あの日のイルカがやってきて 私をあたたかな背中に乗せた

「いいから僕に任せて」「君はもう眠ってていい 悪い夢を見るのはもうおしまいさ」

目覚めた場所ここは いつかの暖かい風 外には青い空 青い海 優しい彼

「ここには君だけの特別なものだけ」 大粒の涙が大きなダイヤになった

コメント

コメントを送るには ログイン が必要です

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。