大きな宇宙の嶋村 | 松岡宮

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

05:18

Default.111860

タグ

  • 自分のオリジナル曲を収入につなげられるサービス、Audiostockが秀逸(藤本健の“DTMステーション”)
  • ブログ用埋め込みコード

    歌詞

    雪が谷車庫の片隅に 運転士型ロボットが 転がっている

    彼の名前は 嶋村 といった
    嶋村の嶋は 山に鳥
    身長182センチ 体重150キロ
    ステンレス製のなめらかな肌

    だけど 今はもう誰も彼を使わなくなってしまった
    金属質の身体がぼろぼろとこぼれている
    眠らない昆虫たちが 彼の胸元で戯れている

    不器用なゴーシュたちのオーケストラ
    スズや 鉛や ニッケルたちが奏でる音楽
    嶋村の薄い唇がいっしょに歌っている
    誰にも聴こえない声でいっしょに歌っている

    夢の運転士型ロボットと呼ばれていました
    専門家が社運をかけて開発しました
    工場では技師さんたちが一台一台手作りしてくれました
    時間をかけていろいろな教育を受けさせてもらいました

    強風で空き缶が転がる音
    それから バケツが転がる音
    今夜半から天気は回復する見込みですが
    近隣住民の皆さんはどうぞ ご注意下さい

    マスターマスターコントローラー
    マスターマスターコントローラー
    水銀ヶ原でまた会おう 片手を挙げてるパンタグラフ
    まっすぐまっすぐワンノッチ
    まっすぐまっすぐツーノッチ
    動輪 ローリン フォーリン ロンリー
    ドルフィンカットの流れ星

    マスターマスターコントローラー
    マスターマスターコントローラー
    宇宙の列車は時速500キロ 反応進行どこまでも
    まっすぐまっすぐワンノッチ
    まっすぐまっすぐツーノッチ
    動輪 ローリン フォーリン ロンリー
    ドリームランドのイルミネーションだ

    足元には ブリキの少年少女たちが たくさん 転がっていた
    保健室の神様と呼ばれたクラスメイトも その中に いた

    シルバーライナー加速する 人間工場あとにして
    シルバーライナー加速する 宇宙の夜明けを追い越して
    嶋村だったステンレスが
    嶋村だったステンレスが
    まだまだ まだまだ まだまだ まだまだ
    まだまだ まだまだ まだまだ 死ねない

    シルバーライナー加速する 人間工場あとにして
    シルバーライナー加速する 宇宙の夜明けを追い越して
    嶋村だったステンレスが
    嶋村だったステンレスが
    まだまだ まだまだ まだまだ まだまだ
    まだまだ まだまだ まだ歌っている

    ぼくを 考えてくださって ありがとうございます
    ぼくを 設計してくださって ありがとうございます
    ぼくを 作ってくださって ありがとうございます
    ぼくに
    夢を託して
    未来を託して
    社運をかけて
    時間をかけて
    くださって
    どうもありがとうございました

    ごめんなさい あまり お役に立てなくて

    ぼくの たくさんのおとうさんたちへ

    コメント

    コメントを送るには ログイン が必要です

    このサイトで視聴するには
    Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

    オーディオファイルの読み込みに失敗しました。