祇園町 | 原 淳

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

04:27

Default.120748

タグ

和風
  • 「プロ作曲家育成講座〜山口ゼミ〜」2018冬期生説明会 11月25日(土)開催!
  • ブログ用埋め込みコード

    歌詞

    秋の夕日にかたどられ
    ふたり歩いた細い道
    ふれあう肩のぬくもり
    それが私のささえでした

    なのに枯れ葉に埋もれて
    消えていったふたりの愛よ

    想い出しては懐かしんで
    一人此の町を訪ねてきたの
    ああ 冬の色に染められた
    ここは京都 祇園町

    冬の光に照らされて
    恋人達が歩く道
    見つめ合う熱いまなざし
    それがとっても美しかった

    なのに枯れ葉に埋もれて
    消えていったふたりの愛よ

    想い出しては懐かしんで
    一人此の町を訪ねてきたの
    ああ 冬の色に染められた
    ここは京都 祇園町

    想い出しては懐かしんで
    一人此の町を訪ねてきたの
    ああ 冬の色に馴れてゆく
    ここは京都 祇園町

    英訳(by Chiho Hara)
    Gion-machi
    The thin way which was modeled after the setting sun of autumn
    and along which he walked by two persons
    The shoulder which comes into contact with got warm,
    and it was my support.
    However, be buried in a dead leaf.
    love of us which disappeared

    ※1
    If it remembers
    View with nostalgia.
    This town has been visited alone.
    Oh, it was dyed the color of winter.
    It is Kyoto Gion-machi here.

    The way which is compared with the light of winter and along which lovers walk
    The hot look gazed at mutually
    It was very beautiful.
    However, love of us which buried and disappeared on the dead leaf

    If it remembers
    View with nostalgia.
    This town has been visited alone.
    Oh, it gets used to the color of winter.
    It is Kyoto Gion-machi here.

    ※1repeat

    コメント

    コメントを送るには ログイン が必要です

    このサイトで視聴するには
    Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

    オーディオファイルの読み込みに失敗しました。