Dream Takt -夢迎え- (inst.) | Nakadomari

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

05:10

Default.121732

タグ

インスト 電子音 ドリームポップ
  • 自作曲の権利を販売!動画の時代に求められる「ストックミュージック」とは?
  • ブログ用埋め込みコード

    歌詞

    僕と溺れてくれませんか
    そこでは手を繋げる
    そこにも夢がある

    僕と溺れてくれませんか
    お互いに縛った鎖を
    ダメだという
    愛情不足のひともいない

    未練のひとつ、ふたつ
    過去のみっつ、よっつ
    ただひたすら数えて

    沈めましょう
    二組の眼の景色が
    鏡になるように
    沈みましょう

    僕と溺れてくれませんか
    そこには人がいない

    そこでは空腹がない
    そこでは眠りがない
    二人を確かめるものしか
    散りばめていない

    僕の夢に沈めましょう
    見送る寂しさも
    迎える喜びも

    僕の夢に沈めましょう
    そこには
    何度も繰り返し
    澄み切ったものしかない

    コメント

    コメントを送るには ログイン が必要です
    • Nakadomari

      Nakadomari 17/05/27 22:37

      アキさん
      嬉しいコメントありがとうございます(^^)七夕ver.もつくったので、ぜひお聴きください!

    • Nakadomari

      Nakadomari 17/05/27 22:36

      せと大希(せと ひろき)さん
      二人以外がいないところに溺れていくという曲なので、確かに樹海もそんな場所の一つかもしれませんね!コメントありがとうございました(^^)/

    • Nakadomari

      Nakadomari 17/05/27 22:35

      岡野ゆかりさん
      ありがとうございます!耽美な曲にしたかったので、深海にいるような印象になったのだと思います。

    • アキ

      アキ 17/05/21 17:13

      美しいです。。。音楽、詩ともに。。。

    • せと大希(せと ひろき)

      夢の中でさまよっているような印象を持ちました。

      >僕と溺れてくれませんか
      >そこには人がいない

      この2行の歌詞のあたりは夢というか樹海をさまよっているような感じもしました。

    • もっと見る
    • 岡野ゆかり

      岡野ゆかり 17/05/19 22:44

      深い歌詞ですね。芸術的な絵を見てるような。詩の才能も素晴らしいですね。水の中にいる感じのきれいな曲でした。

    このサイトで視聴するには
    Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

    オーディオファイルの読み込みに失敗しました。