【MIKU】黄緑6号 | 京橋 ひよわ

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

04:05

Default.def artwork
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

ブログ用埋め込みコード

歌詞

人もまばらな 電車の片隅
さっきまでの 騒いだ車内
君と僕とが 最後に残され
会話もなく二人きり

レールを走る音が響く
隣り合わせの触れそうな肩
少し眠そうな 火照る頬で
君は外を眺める

いつもと同じ車窓の空
見慣れた景色 流れる雲
それなのにふと この瞬間とても
愛しく思ったんだ


​ほんの3駅 つり革揺れ
踏切の音通り過ぎる
銀の窓枠を ただ見つめて
僕は言葉探した

いつもと同じ車窓の空
見飽きたはずの 住宅街
それなのにふと この瞬間ずっと
続けと思ったんだ


​君の降りる駅 ドアが息を吐き開く
それを見て思わず立ち上がってしまって
「また明日」って 絞り出した一言に
君は少し淋しそうな顔で
笑った


​いつもと同じ車窓の空
見慣れた景色 流れる雲
それなのにふと この瞬間君と
居たいと思ったんだ

コメント

コメントを送るには ログイン が必要です

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。