Jock Gladiator | Mr.Gideon

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

05:00

Default.134116

タグ

ヘヴィーメタル ゴシックメタル エクストリームメタル インダストリアルメタル
  • 「プロ作曲家育成講座〜山口ゼミ〜」2018春期生募集中!
  • ブログ用埋め込みコード

    歌詞

    Black sky The sun shines
    Are you going to burn us out
    Now of ours are craving the water
    Afflicted with hunger and thirst

    Connected in handcuffs brought to hell and trapped in a cage
    Only in the dream of get used to freedom
    We are soul victims wandering around the desert 
    With adults conspiracy

    We are slave gladiators fight for the entertainment
    If you do not kill the enemy yourself will die
    Continue to wait for a moment to each other the sword
    The audience are watching with insanity

    They realize life by watching us kill each other
    They are pleased by we shed blood
    But those who are selling it and getting money
    And fame are more pleased

    Year one
    I feel like was dropped into a deep well that is out of the reach of light
    Stench of death, Bottom of darkness, Rockstones interfere with me

    The fight of the gladiator is sold and the ruler is profitable
    It is still continuing now

    Human rights are ignored be abused
    Wet fingertips, painful body, bad odor like a wet towel
    Only idiots who are only one year up behave like great
    I was beaten unilaterally kicked and trampled on my face

    Throwing a ball hit a ball and run around
    And a loser brings back the soil of the stadium
    Adults who laugh ugly cheat us "memorial" "memories"
    They get a lot of money and honor

    Year two
    Light became visible
    People that follow also appeared, but still far away

    Year three
    Likely to reach the light if reach out a hand
    A little bit more patience makes me free
    Freely as I dreamed



    黒い空 太陽が照り付ける
    俺達を火炙りにでもするつもりか
    今の俺達は何よりも水を渇望している 
    飢えと乾きに絡め捕られているのさ

    手枷と足枷に繋がれ 地獄に連行され檻に閉じ込められる
    自由になれるのは夢の中だけだ 
    俺達は心の遭難者 心の砂漠を彷徨っている
    大人達の陰謀で

    俺達は奴隷剣闘士 見世物として剣を振るう
    相手を殺さなければ自分が死ぬ
    斬り合う一瞬を待ち続ける
    観客は狂気の中見守っている 

    俺達が殺し合うのを見て奴らは生を実感する 
    俺達が血を流す事によって奴らは喜ぶ
    だが それを売りカネや名声を得ている奴らは
    もっと喜んでいるのさ

    1年目 光の届かない深い井戸に突き落とされたような気分だ
    死臭 暗闇の底 落石が俺を妨害する

    剣闘士の闘いが商品として売られ権力者どもが潤うシステム
    それは今も続いているのさ
    徹底的に無視された人権 虐待に等しい待遇
    ふやけた指先 軋む身体 湿ったタオルのような悪臭 
    年が一つ上というだけの馬鹿な連中が偉そうに振る舞い
    一方的に殴られ蹴られ 顔面を踏み付けられる 

    球を投げ 球を打ち走り回り 敗北者は闘技場の土を持ち帰る
    肥え太り禿げ上がり 下劣な笑いを浮かべる背広を着た大人達は
    俺達を「記念」「思い出」とか言う口先だけの報酬でごまかし 
    自分達は大金と名誉を得るのさ 

    2年目 ようやく光が見えるようになった
    後に続く者達も現れた だがまだ先は遠い

    3年目 手を伸ばせば光に届きそうだ
    あと少し ほんの少しの辛抱で俺は自由になれる
    夢にまで見た自由に…!

    コメント

    コメントを送るには ログイン が必要です

    このサイトで視聴するには
    Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

    オーディオファイルの読み込みに失敗しました。