【AKARI】ぴょこぴょこ | 京橋 ひよわ

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

04:39

Default.148882

タグ

POP ボーカロイド
一流の作曲家たちと同じ環境で、話題の「コーライティング」が体験できる。
CO-WRITING WORKSHOP真鶴2019 Collaborated with Sonic Academy Salon&クレオフーガ

ブログ用埋め込みコード

歌詞

若葉が風に揺れて
小さな町を飾る頃
曇り空窓辺の席に
年下の君がいた

長い髪の後ろ姿に
一緒に帰ろって声かけた

隣をぴょこぴょこ歩く君は
ちょっとうれしそうで
ほんの数分の 帰り道が
永遠に思えた


ひまわりは頭を垂れて
虫たちの宴も止んだ
長く伸びた二つの影は
当たり前になってた

受験勉強つらいときでも
君とならがんばれる気がした

隣をぴょこぴょこ歩く君と
語る 楽しいこと
星空に凍える手を重ねて
今日も 帰り道


おやつの残りのチョコレート
おいしそうに食べる横顔
ずっとこんな毎日が
続いていくと思ってた


卒業の春 隠した はずの
気持ち あふれ出して
寂しそうに微笑む君を
強く抱きしめた

隣をぴょこぴょこ歩く君と
もうさよならだね
たった1年の 思い出たち
ありがとう

忘れない

コメント

コメントを送るには ログイン が必要です

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。