狐雨 | Maroa

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

03:30

Default.163259

タグ

VOCALOID GUMi 鏡音リン 和風曲
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

ブログ用埋め込みコード

歌詞

瑠璃色の空 陽の光にきらめく雫
それはまるで 笑顔の下に隠した泪のやう

降りしきる雨 それでも云う「本日は晴天なり」と
わたくしと貴方の思いは異なれど 御嫁に参ります

はらはらと ぽつぽつと 落ちる雫
傘の色 御輿は進みゆく
きらきらと 伝いゆく その雫は
喜びか 哀しみか…

想いの名前はわからないまま きらめく雨はきっと泪
焦がれる想いは仕合せなのだと
見上げる空は雨 舞い散る花弁


宵闇に浮かぶ光の群れ 祝福の舞
盃から零るる雫は まるで昼の雨のやう

ざわざわと きらきらと 連なる焔
闇の中 御輿は進みゆく
しくしくと 痛みゆく その想いは
喜びか 哀しみか…

隠した瞳は笑わないまま 浮かべる笑みはきっと泪
繋がる想いは仕合せなのだと
貴方と契る今宵 濡れゆく花弁


晴れ渡る空に雨 揺れる心のやう
祀られるわたくしの御霊は天へ還る
それは 喜びか 哀しみか…

想いの名前はわからないまま 浮かべる笑みはきっと泪
受け容れる運命は仕合せなのだと
見上げる空は雨 散りゆく花弁

コメント

コメントを送るには ログイン が必要です

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。