Dance of the Green Devil | 古い音楽帳

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

02:57

Default.173219

タグ

クラシック SONAR CAL SWAMチェロ
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

ブログ用埋め込みコード

コメント

コメントを送るには ログイン が必要です
  • 南桜井ヒデキ

    南桜井ヒデキ 19/06/27 06:56

    あ・・・かっこいい♪ ちょっとフュージョンっぽい雰囲気が
    好みです~~♡ ジャンリュックポンティー(バイオリン奏者)
    が好きそうですね~♪

  • 古い音楽帳

    古い音楽帳 19/06/21 05:08

    WAJINさん、コメントありがとうございます。
    カサドの作品の中での位置付けはわからないのですが、超絶技巧もさることながら音楽的にも面白い作品だと思いまして、また何と言ってもタイトルがユニークですし、DTMにして出してみました。^^

  • Sigil*WAJIN

    Sigil*WAJIN 19/06/20 00:02

    バリバリの超絶技巧曲ですね!凄いのを聴かせていただきました。

  • 古い音楽帳

    古い音楽帳 19/06/19 20:09

    kitaさん、コメントありがとうございます。
    カサドの奥さんの遺品の中に、カサドが生前収集したらしいバッハの結婚カンタータの自筆譜が発見されて、日本で発見されたことが一時話題になりましたね。調べてみましたら2004年のことでした。
    最近、カサドの作品は日本ではパブリックドメインになってることに気が付きまして、DTMで制作したものです。先日カサドのCDを大量に購入しましたが、オリジナル作品は入っておらず、これをカサドが演奏したものはまだ聴けていません。確かにこの曲ではテンポの起伏をつけないと筋肉疲労で手も指も動かなくなるでしょうから、実際上必要なのかもしれませんね。私は、というよりDAWは、疲れ知らずなので苦になりませんが。^^
    カサドが作曲・編曲したものは、他にもいくつかDTMで作っています。
    おいおい出していきますので、またお聴きいただければと思います。

  • kita

    kita 19/06/19 18:05

    カサドーと言えば、カザルスを思い出します。カザルスが天才だと見出したのですね。私は、チェリストの名前としか知りませんでした。ああ、確か、日本人ピアニストと結婚していましたね。最近話題になったような.....。
    チェロの高音部に特徴があって、音づくり、大変だったでしょうね。テンポは、実際の演奏は無茶苦茶起伏があっったような。でも、このテンポがいいですね。好きです。すばらしい作品です。
    まだまだ出てきそうですね。ワクワクします。

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。