ブランデンブルグ協奏曲第五番 | kita

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

10:57

Default.177271

タグ

クラシック バッハ ハープシコード ブランデンブルク カデンツァ
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

ブログ用埋め込みコード

コメント

コメントを送るには ログイン が必要です
  • kita

    kita 19/08/29 22:46

    ああ、ピアノ、オルガン、チェンバロから鍵盤ハーモニカに至るまで、「鍵盤弾き」の皆さんにはあこがれを持っていますよ、glass-aquariumさん。
    「指がトリルって」なんて楽しいだろうな。僕なんかは、首を横に「トリルって」ます。(尺八みたい。)このカデンツァは確かに圧巻で、ピアノでkでもそうですが、他には知りません。
    どうも、書き込み感謝です。

  • glass-aquarium(Tropfennotiz)

    バッハフェチには嬉しい一曲です。ラストのカデンツァは圧巻ですね。私はかつては鍵盤弾きでしたが、思わず指がトリルってました(*^▽^*)

  • kita

    kita 19/08/25 22:36

    古い音楽長さん、気づかなくて遅くなりました。すみません。
    ありがとうございます。確かに、もともとこの楽器は減衰が速くてしかも屋内の小さな空間に合う音ですね。そのため、音圧が低いと沈む感じがします。で、サンプルというかVSTの音源を探してみましたが、無料のものは全て今のmidi音源よりも劣る感じです。当然ですかね。
    音がどう前に出て、「通る」のか調べてみたいな、と思いました。
    仰せの通りにも一度やってみたいと思います。ありがとうございました。
    その節はまた報告しますね。

  • 古い音楽帳

    古い音楽帳 19/08/25 12:03

    演奏会でこの曲を聴いた経験では、チェンバロの音が小さいのはあまり気にならなかったです。
    演奏会は周りが静かだということが大きいのかもしれません。
    ですが、そのような環境をすべてのリスナーに期待できない以上、音圧を上げるという選択も、あって然るべきだと思います。
    ただ、チェンバロの音はアタックが強くて減衰が速いので、コンプレッサーを使うとポールモーリアみたいになってしまって、幻滅です。^^
    リバーブのような空間系のエフェクターを使って、響きで勝負するという選択肢もあるかもしれません。

  • kita

    kita 19/08/25 11:15

    なるほど、古い音楽長さん、どうも。
    イコライザーをかけて前に出そうとしたらチェンバロの音質が変わりますし。正直、肝心のしょぼさのせいは、音圧のかけ方の下手さによるものと思っています。古いmidi音源の音ではありますが、ボリュームかけ過ぎると、モゴモゴしたりギシギシしたり、です。
    また、教えてください。

  • もっと見る
  • kita

    kita 19/08/25 11:07

    ファンタスティックおじさん、どうもありがとうございます。
    ろくにピアノも弾けないのですが、この演奏にはこだわりがありました。
    たしか、カール・ミュンヘンガーの演奏を聴いてからです。
    それはそうと、音圧が低いとしょぼいのでついコンプレッサーで上げてしまいますが、クラシックは強弱の差こそ命なので、と、誰かに教えられたことがありました。確かにそうですね。今頃感はありますが、マスタリングは初心者なので、半分に聞いてください。逆に、「おじさん」のこの前の打ち込みからしてすごいので感動しました。また、教えてください。

  • 古い音楽帳

    古い音楽帳 19/08/25 11:02

    これ、たぶんレコーディング技師泣かせの曲ですよね。
    チェンバロが主役なのに、肝心のところで音が小さすぎる。^^;
    かつてはチェンバロを鋼鉄製のフレームで作って音量を増大させる試みもあったらしいですが、音色がチェンバロじゃなくなってしまうし。
    ソロ部分が眼目ということで、そこだけボリュームアップするのは一つの解決法ですね。

  • ファンタスティックおじさん

    まるで生演奏を聴いているようなリアルさですね!
    深めのリバーブが心地良い響きを作っているように思いました。
    正直、バッハは詳しくないのですがこの曲はなんとなく聴いたことがあります。なのでカデンツァについては何ともコメントできないのですが、こだわりのようなものは伝わってきました。
    波形が海苔状になるのは音圧を上げ過ぎるせいなのですね。気を付けるようにします。勉強になりました(^^)

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。