Another Light/WeakEightBall | Weak Eight Ball

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

04:06

Default.198868

タグ

DTM ギター オルタナティブ アコースティック オリジナル曲 GarageBand シンガーソングライター アコースティックギター 洋楽 英詞 singersongwriter LoopStation RC300 Taylor12e 和訳 NT1A maudio mtrack VocalShifter
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

ブログ用埋め込みコード

歌詞

Every morning I see
The same breaks in the clouds
I never get used to it
I can never open my eyes to it
I got fed up of turning over the calendar
Or even opening the curtains in the morning
朝になればいつも
雲の隙間が見えて
慣れることなく僕は
ただ開かぬ目をこすった
カレンダーをめくることに憂鬱になって
カーテンを開けることすら面倒になった。

That day I laughed it off because it didn’t matter
Because I was seeing only what was in front of me
Now things are different
Even if what’s in front of me bores me
The clock will keep ticking
どうだっていいと笑ったあの日
目の前のものだけを見ていたあの日
今ではそうもいかなくなった
これからのことをつまらないと感じても
時計の針は進み続ける

Tomorrow comes before you know it
I am still the same as yesterday
It goes on like this each and every day
Telling me the end and start of the day on this bed
気づけば明日が迎えにきて
昨日と変わらぬ僕だけがいて
そうやって今日も明日も
このベッドで終わりと始まりを告げる

Clock starts ticking again
As if nothing ever happened
I’d been waiting for someone to lend me a hand
All these times
But now I am ready to walk on my own
I can hear the starting signal from afar
止まっていた時計の針。
何事もなく進み始める。
手を差し伸べてくれる人を待っていた
そうやってここまで生きてきたら
これからは自分の足で歩こうと決めた
スタートの合図が遠くから聞こえる

Be soaked with old memories
It will only make me feel empty
It took me so long to find the answer to this
There is only one thing that really means to me
I was afraid to forget
I held onto it strongly
過去の思い出に浸る
なんとも言えない感情になって
その答えを見つけるのにたくさんの時間がかかった
かけがえのないものは1つだけ。
忘れることを恐れていた。
こぼれ落ちないように強く握りしめた

If past exists for the future
I hope I am smiling now
Things that can’t be expressed in words
Lights that I thought I saw
I still remember these things
I do have regrets
But I will turn back no more and go forward
未来のために過去があって
今の僕は笑えているかな
言葉では表現できない思い。
見えていたはずの光。
そんなことを今でも思い出す。
後悔がないといえば嘘になるけど
振り返ればキリがないから前に進む。

Tomorrow comes before you know it
I am still the same as yesterday
It goes on like this each and every day
Telling me the end and start of the day on this bed
気づけば明日が迎えにきて
昨日と変わらぬ僕だけがいて
そうやって今日も明日も
このベッドで終わりと始まりを告げる

Clock starts ticking again
As if nothing ever happened
I’d been waiting for someone to lend me a hand
All these times
But now I am ready to walk on my own
I can hear the starting signal from afar
止まっていた時計の針。
何事もなく進み始める。
手を差し伸べてくれる人を待っていた
そうやってここまで生きてきたら
これからは自分の足で歩こうと決めた
スタートの合図が遠くから聞こえる

コメント

コメントを送るには ログイン が必要です

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。