12月の悲歌 | つよねこ

再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。

0:00

05:07

Default.46839

タグ

インスト その他 影おくり 氷のオルゴール 12月 悲歌
「ファイル共有」と「チャットによるコミュニケーション」を一元化
複数人での音楽制作が、もっとスムーズに、楽しくなる、コーライティングスタジオ

ブログ用埋め込みコード

コメント

コメントを送るには ログイン が必要です
  • つよねこ

    つよねこ 14/11/01 16:58

    眠りの精さま♬聴いていただきありがとうございます。Celloのソロをメインにした曲は、確かに、あまり作ってませんから、変わった感じに聴こえるかもしれませんね≡^.^≡

  • 眠りの精

    眠りの精 14/10/31 23:30

    すごく奥深くて重みのある曲ですね。
    つゆねこさんの昔のイメージを消さなければいけないようです。
    元々技量ある人が音源を変えられると全然違った音楽になって聴こえてきます。
    さすがです。

  • つよねこ

    つよねこ 14/10/15 21:52

    cavygontaさま♬嬉しいコメントありがとうございます。実際のCelloのPizzはとても豊かですが、サンプリング音でも、なかなか良い音だと私も感じました≡^.^≡

  • つよねこ

    つよねこ 14/10/15 21:42

    kayumaiさま♬このメロディーは歌曲にもできるでしょうね。メロディーの源はKayumaiさんの歌声であり歌詞ですから、ありがたいことです≡^.^≡聴いていただきありがとうございます。

  • つよねこ

    つよねこ 14/10/15 21:35

    ほっちゃん様♬Celloは切ない哀愁に満ちた旋律にふさわしいし、“彼女”の分身としてのデザインを暗示する楽器だとも考えました。というイメージをもって今回はCelloにスポットをあててみました。「ストーリー」は、私は映像、物語などを設定しないと、なかなか曲が作れなくて、自然にそういった過程を通っています。聴いていただきありがとうございます≡^.^≡

  • もっと見る
  • cavygonta (The Beatfruits)

    世界観が・・・(泣><)
    メロディの美しさもさることながら、2分中盤くらいにあるスピッカート奏法がすごくリアルな感じで素晴らしいです^^

  • kayumai

    kayumai 14/10/14 22:33

    この美しく悲しい世界にずっと浸っていたい気持ちです…(>_<)
    ここにコーラスや歌をのせてもまた違った美しさになりそうです。
    チェロの旋律にうっとりでした♡

  • 堀田 ゆき(ほっちゃん)

    ストーリーのある作品は、聴き応えがまたありますね。
    コンサートを聴きに来ているような気持ちになりました。
    つよねこさんのオケのコンサートがあったら、
    映像の演出付きので観てみたいです。
    悲歌にチェロ合いますね。
    オーボエとかファゴットも合いそうですね。
    最後の終りは、どのようなお気持ちだったのでしょうか。

  • つよねこ

    つよねこ 14/10/13 09:26

    paZapさま♬・・昔からCelloはすきでしたがジャクリーヌ・デュ・プレのことを知ってから、さらにこの楽器に強い愛情をもつようになりました。サンプリング音ですが、Celloの音色でメロディーを作った弦楽中心の曲です。聴いていただきありがとうございます≡^.^≡

  • つよねこ

    つよねこ 14/10/13 09:18

    岡野ゆかり様・・・いつも聴いていただきありがとうございます。チェロはとても好きな楽器です。抱きしめるように演奏する楽器です。楽器自体に愛着と感傷的なイメージを感じます≡^.^≡

  • つよねこ

    つよねこ 14/10/13 09:05

    Bokuさま♬
    曲としては単体ですが、私は物語を想定しないと曲がなかなか描けないので、今回アップした曲は、コメントいただいた通りです。聴いていただきありがとうございます≡^.^≡

  • paZap

    paZap 14/10/13 06:52

    チェロが奏でるメロディってイイですよね。追悼の物悲しさがチェロから伝わってきます。

  • 岡野ゆかり

    岡野ゆかり 14/10/13 06:10

    チェロの美しい旋律が泣ける曲ですね。

  • Boku

    Boku 14/10/13 02:32

    「氷のオルゴール」の続編ですね!
    アートワークは”彼女”が弾くはずだったチェロ?
    “彼女”はどんな気持ちで追悼コンサートを聴いたんでしょう。
    戸惑いの中、不意に悲しみ、未練の入り混じった感情が湧いてくる感覚でしょうか?

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。