ラフ・ダイアモンド VOL.2 「ダンスミュージック」

ラフ・ダイアモンド VOL.2 「ダンスミュージック」

長年レコード会社で、アーティスト発掘、育成に取り組んできた加茂啓太郎とテクノロジーとコンテンツビジネスに精通した音楽プロデューサー山口哲一が新たに立ち上げる画期的アーティスト発掘育成プロジェクト。

育成のプロセスを全て可視化し、ファンとともにアーティストを育てていきます。新人アーティストをダイアモンドの原石に喩え、発掘応援したいユーザーを「ダイアモンドディガー」と呼びます。

SNSとデジタルツールが、セルフプロデュースを可能にした2010年代に、真に力のあるアーティストが日本をそして世界を席巻する、ラフ・ダイアモンドはそんな時代を先導していくプロジェクトです。

2016年12月19日~2017年1月15日の期間で「ダンスミュージック」をテーマに大募集!

オリジナルのポップミュージックでご応募ください。バンド、ユニット、シンガーソングライターなどの形態は問わず、年齢制限もありません。応募は1曲のみとなりますので、自信のある1曲で是非ご応募ください。

オンラインでの選考(一般投票及び審査)を通過するとオーディションイベント「ラフ・ダイアモンドMeet Up」(2/6 渋谷LOFTで開催)に出演することができ、そこで認められるとプロデューサー陣から継続的に制作、宣伝など総合的なアドバイスを受けることができる育成型のプロジェクトです。

2017年1月16日(月)~1月25日(水)の期間でオンライン投票を開催いたします。Twitterのアカウントを持っていればどなたでも投票に参加いただけますので、応援したいアーティストに是非投票をお願いします。

また、多くの投票をいただいた方を2月6日に開催するオーディションイベント「ラフ・ダイアモンドMeet Up」にご招待いたします。本プロジェクトは発掘応援したいユーザー「ダイアモンドディガー」の皆さまと一緒に盛り上げていきたいと考えております。皆さまのご参加をお願いいたします。

投票方法について

投票は、2017年1月16日(月) 12:00 〜 1月25日(水) 23:59 の期間にて、実施いたします。
投票は、作品ごとにある「投票する」ボタンをクリック・タップした後に、Twitterアカウントの連携を行うことで、投票することができます。

※1つの作品に対して投票は、1日1回限りとなります。後日、再度投票することは可能です。

投票結果とプロデューサーによる審査から総合的に判断して上位10組を選出いたします。

「ラフ・ダイアモンドMeet Up」について

ラフ・ダイアモンドの公開デモ音源オーディションイベントです。
【日時】2017年2月6日(月) 開場18:30 開演19:30
【場所】LOFT9 Shibuya
【チケット】前売1,800円  当日2,200円(税込) (要オーダー500円以上)

【コメンテーター】

加茂啓太郎(ラフ・ダイアモンド)
山口哲一(バグ・コーポレーション代表取締役)

【ゲスト・コメンテーター】

竹内 修(音楽プロデューサー)

【イベント内容】

事前に審査で選ばれたプロを目指すアーティストのデモ音源を試聴しコメントをしていきます。
さらに当日持ち込まれたデモ音源もその場で試聴し、コメントします。
ここで認められれば、その場でデビューが決まるかもしれない画期的なイベントです。


加茂 啓太郎 (音楽プロデューサー)​

Melodies
音楽とダンスが 、ますます切っても切り離せないものになってきている事をピコ太郎とか恋ダンス現象とかで感じています。なので今回「ダンスミュージック」という定義にさせていただきました。

それはワルツでもフォークでも あなたがダンスミュージックだと思うものならなんでも構いません。
新しいダンスを踊れる新しいダンス・ミュージックを期待しています。

​加茂 啓太郎(音楽プロデューサー)​
1960年 東京出身
1983年 東芝EMI(現ユニバーサル・ミュージック)に入社。邦楽の制作、宣伝を担当。

1998年の新人発掘部署グレートハンティングを立ち上げ ナンバーガール、氣志團、湯川潮音、フジファブリック、ART-SCHOOL ベースボールベアー、相対性理論、The SALVERS, ハナエ、赤い公園、Shiggy.Jr ,MrsGREEN APPLE、寺嶋由芙などを手がける。

2016年よりソニー・ミュージックエンタテインメントに在籍し、クリトリック・リス、フイロソフィーのダンス、田中茉裕などを担当。

山口 哲一 (音楽プロデューサー / エンターテック・エバンジェリスト)​

Melodies
ラフダイアモンドVol.1に多数の応募ありがとうございました。MeetUpにも多数が集まってくれて、熱量の高い時間となり、刺激を受けました。これを続けます。

近年は音楽業界は景気の悪い話が多くて、業界人の端くれとして、若い音楽家には申し訳ない気持ちでいます。 ​でも価値が落ちたのは「メジャーデビュー」することであって、音楽に夢が無くなったわけではありません。

マスメディアの影響力が落ちた分、デジタルを使ったツールは増えて、チャンスが広がっている面もあります。 新人アーティストの発掘に関しては掛け値無しに日本一の加茂さんと一緒に、新しい才能が世の中にでていくこと、広まっていくことを、総合的にサポートするつもりです。

他力本願でも、タナボタ期待でも無い、​才能とガッツのあるインディペンデントアーティストの応募を待っています。​​

​山口 哲一(音楽プロデューサー / エンターテック・エバンジェリスト)​
音楽プロデューサー、エンターテック・エバンジェリスト。 株式会社バグコーポレーション代表取締役。「デジタルコンテンツ白書(経済産業省監修)」編集委員。

国際基督教大(ICU)高校卒、早稲田大学 在学中から音楽のプロデュースに関わり、中退。1989年、株式会社バグ・コーポレーションを設立。アーティストマネージメント業務を始める。SION、村上"ポンタ"秀一、佐山雅弘、村田陽一等、実力派アーティストのマネージメント行う。
2001年頃よりプロデューサー活動を始める、2003年ワールドミュージックエレメントを採り入れた東京発J-popというコンセプトで「東京エスムジカ」を立ち上げる。ファーストシングル『月凪』は、全国FM局のパワープレイ新記録を樹立。その後も、10人組のガールズホーンバンド「ピストルバルブ」、タイ人美少女ボーカルによる未来派ポップユニット「Sweet Vacation」など、時代を反映した今日的なアーティストを輩出している。

2011年頃より著作活動を始めて、著書多数。『プロ直伝!職業作曲家への道』『コーライテイングの教科書』『世界を変える80年代生まれの起業家』などがある。最新刊は『新時代ミュージックビジネス最終講義』。
国内海外のコンテンツビジネスに関する知見を活かして、音楽とITに関するエバンジェリストとして、パネルディスカッションのモデレーターや、新規事業開発、スタートアップのアドバイザーなども積極的に行っている。
2013年1月より 超実践型、プロ作曲家養成セミナー「山口ゼミ」を主宰。数多くの新人作曲家を世に送り出している。

エンタメ系スタートアップを応援するアワード「START ME UP AWARDS」実行委員長を務める。ミュージシャンがチームに参加する「ミュージシャンズハッカソン」を主宰、RakutenFMで番組「Tokyo Tech Street」を企画監修。
テクノロジー活用、グロバールな視野、異業種連携をテーマに掲げる異色の音楽プロデューサー。

ゲストコメンテーター:竹内 修 (wilsonic)

音楽ディレクター、プロデューサー。レコード・メーカー勤務を経て、2009年独立。1991年のメジャー・デビューから現在まで、ディレクターとしてスピッツに携わる。

その他これまで担当した主なアーティストは、平沢 進、グルーヴァーズ、氷室京介、BLANKEY JET CITY、レーベル “Teenage Symphony” (ゲントウキ、bonobos等)、おとぎ話、東京カランコロン、さかいゆう、モノブライトなど。1963年新潟県生まれ。

募集期間

2016年12月19日(月)~2017年1月15日(日)

応募方法

  1. 応募期間内に当サイト上から応募を完了してください。
  2. 応募時にはYoutubeのURLも任意で記入できますので、応募曲のミュージックビデオなどがあればご記入ください。

入賞特典

【オンライン投票&審査による入賞】
  • 上位10組を対象:オーディションイベント「ラフ・ダイアモンドMeet Up」(2/6 渋谷LOFTで開催)に出演し公開品評される権利
【Meet Upでの入賞】
  • ラフ・ダイアモンド・メンバーズ(入賞):​加茂、山口から継続的に制作、宣伝など総合的なアドバイスが受けられる​
  • ラフ・ダイアモンド・ナイトへの参加権(特別賞)​
  • 配信リリース&Music Video制作(特別賞​)
  • ※入賞曲数は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

応募規定・注意事項

  • 応募対象はオリジナルのポップミュージック
  • 1組あたり1曲のみ応募可能
  • 年齢制限はありません
  • バンド、ユニット、シンガーソングライターなどの形態は問いません
  • 特定の音楽出版社、事務所などと契約がある方は、事前に確認の上、ご応募ください。​
  • 本企画への応募にあたって楽曲の著作権・著作隣接権等の権利を事務局側で取得することは一切ありません。入賞した場合も同様ですのでご安心ください。

詳細については応募規約を必ずご確認の上ご応募ください。

募集終了

ダンスミュージック・エントリー

エントリー期間
2016/12/19 月
〜 2017/01/15 日

アップロード
163

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。