【重要】2020年6月30日 13時をもちましてCREOFUGAのサービスを終了いたします

太鼓の達人 ドンだー!世界一決定戦2016 課題曲募集だドン!

結果発表および表彰 | 太鼓の達人 ドンだー!世界一決定戦2016 課題曲募集だドン!

太鼓の達人 ドンだー!世界一決定戦2016 課題曲募集だドン! における採用(合格)作品と、採用には至らないまでも審査において評価された作品について、表彰を行います。

審査による合格曲

Choco Chiptune. | Ancraft

Default.67318
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
曲名からしてTHE チップチューン。といってもガチのチップチューンではなくピコピコを基調としてピアノやエレピが用いられてお洒落に仕上がっている。中間部において、曲名の通りチョコチップがパラパラと降り注ぐようなピコピコフレーズの部分で、付点8分音符基調のリズムからハーフビートにスイッチするところが気持ちよい。軽やかかつ楽しげな雰囲気で「バレンタインのチョコ作ってます!」みたいなのが想像されてワクワクしますね(願望)。

増渕裕二

冷凍庫CJ ~アーメン太鼓ブラザーズ~ | DJKurara

Default.67836
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
イキオイのある一作でした!一方で丁寧な音質感をキープしてることにも好感が持てます。…いやはや今回は「Lindaさんの足元を狙う挑戦者」が多すぎて嬉しい反面ガクブルですよ?

LindaAI-CUE

Starrrrrrr | M-O-T-U

Default.68106
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
見えます、ほとばしる汗が。
見えます、高速で動くバチが。
見えます、勝利に輝く★が。

緊張感すら感じる序盤から、徐々に着実に展開は進み、抑圧されたかのような何かが爆発するサビにやられました。
M-O-T-Uさんは、今回の採用にて見事、殿堂入りとなります。おめでとうございます!

江藤裕平

ココロボ | Ujico*

Default.def artwork
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
空間が広がっていてゆったりと時間が流れていたところに乗っかってくる非常に細かいリズムが非常にスパイシーです。また2分3秒辺りで出てくる16分3連と16分イーブンを混ぜたアプローチが千鳥足っぽくて面白いですね(個人的には酔拳を想起させられました。直ぐにシラフに戻りますが)。太鼓の達人的には今までになかったジャンルで、そのニッチを狙い撃ちしつつしっかり演奏ゲームとしての下地をもち、なおかつリスニング音楽としてもポップに仕上げているところで感服いたしました。

増渕裕二

ひよっこファンタジー | つよみー

Default.def artwork
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
朴訥とした雰囲気と韜晦する歌詞の小気味よさ、このヒネりをしっかりオブラートにくるむオケのクオリティ。
こういう研ぎ澄まされたアプローチは、ぜひぜひ高く評価したいです。

LindaAI-CUE

食らいむ!まうんとぱふぇ | unatra

Default.71520
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
ハイスピード&ハイテンションそしてポジティブ!聞いていて楽しさ全開ムードに飲み込まれてしまう明るさが良いです!パフェをイメージしているからか、どこのパートを切り取ってもしっかり味がするメロディーの濃さ、押しの強さ。それでいて統一が取れている構成美。どのパートも20秒ほどでテンポよく変化して行くので、聴いていても飽きないし、太鼓の譜面でも最後まで飽きずにプレイさせる事ができそうです。

川元義徳

ネテモネテモ | ☆しょーじ☆

Default.def artwork
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
寝ても寝ても、眠いですよね!普遍的なテーマを分かりやすいメロディーに乗せて生で歌えるものにまとめられています。世界大会に向けて、そのままは難しいと思いましたが、音色やアレンジが凝っている音楽とは違い、それらをそぎ落としてメロディーとコードだけの素っ裸にしても音楽として成立するところが採用のポイントになりました。一緒に世界大会向けにブラッシュアップしていきましょう。

川元義徳

Gloria | K.key

Default.72669
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
この曲を見事打ち倒し、栄光をつかんでほしい。
楽曲を聴いて素直にそう思えました。一筋縄ではいかない未来が見えますが(譜面的な意味で)挑戦し甲斐のあるものになってくれると今から楽しみです。ブレイクの場所や尺、全体の構成ともに「大会」という勝負の場で輝いてくれそうです!

江藤裕平

アサガオ | BTB

Default.72782
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
音楽ゲーム用の楽曲としてセオリーを踏襲しているものの、丁寧につくられており、太鼓の達人の高難易度より譜面をぱっと聴きでも意識できました。「アサガオ」という曲名の由来、いつか聞いてみたいですね!

江藤裕平

超絶技巧系少女 | ねこみりん

Default.72792
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
この曲のポイントはズバリ「ギャップ」。ます曲のテンションとボーカルのテンションのギャップ。ボーカルと曲のマッチングは非常に大切で、例えるなら、メインの料理が曲で、かける調味料(ソース類)がボーカル。何味?と一言で言えない味の変化が楽しめます。次に、途中ガラリと雰囲気が変わる中間部のギャップ。これは世に言う「ギャップ萌え」というやつですね。。

川元義徳

輝きを求めて―― | Versus

Default.def artwork
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
深夜アニメのオープニング映像を容易に想像できそうな、ど直球の曲調・構成なのですが、メロディに昭和歌謡を感じさせる部分がありトータルのパッケージとして特質を感じました。あと表立つ部分ではないのですが、生演奏によるベースの強弱やスライド奏法が全体のノリに貢献しておりスピード感が出ています(サビ後半のオカズもカッコイイ)。ギターもいわずもがな。また、力強く歌いつつも少女性を感じるボーカルが歌詞にマッチしていて良かったです。(なんか、バンド評論みたくなっちゃいました(笑))

増渕裕二

トオリヨ | テヅカ@太鼓ありがとうございます!

Default.72904
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
こちらは渋谷系テイストが入ったさわやかロック。こちらも生演奏のギターとベースがとてもカッコイイですが、ボーカロイドによる超安定したボーカルを尻目に、演奏が荒ぶっているのが対照的で面白いです。サビ後半に向かって歌の音程がどんどん上がっていき、もはや何を言っているか判らないレベルになるのですが、まるで嗚咽しているかのようでもあり歌詞と相まって非常に素敵な表現に見えました。イントロのリードシンセや歌のメロディなど、リズムが3つの塊でグループになっている部分が多く、いわゆる太鼓お約束フレーズの「ドコドン」と非常に親和性が高く構成されているのもポイントです。

増渕裕二

投票による合格曲

凛 | a_hisa

Default.67899
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
厳かで、力強いかと思えば、儚く、煌びやかでもあり、「和」の壮大かつ優美な風景が目に浮かぶようです。優美なメロディーの裏、実は力強いリズムが印象的な序盤、にぎやかに、緩急が表現されている中盤、楽曲の山場として、今までの全ての要素がまとまりをみせるラスト。世界で太鼓の達人と一緒に活躍してもらいたいと思いました!

江藤裕平

おにぎりはどこかしら♪ | よみぃ

Default.72068
再生ボタン 停止ボタン 再生ボタン
now loading...
このコンテンツはCANVASに対応したブラウザでご覧いただけます。
ボーカロイドのキャラクター性をちゃんと理解したうえで使ってる!曲づくりそのものも、前回(2013年)から格段に進歩してるなぁ。作曲者の成長を追いかけ続けられる感激は、審査員をやる醍醐味でもあると感じてます。

LindaAI-CUE

佳作

川元義徳賞

龍翔鳳舞(りゅうしょうほうぶ) | シャムサウンド
コード進行と音色切り替わりの妙が憎い絶品!自分も好きなジャンルながら太鼓の音を乗せると印象が変わってしまいそう。
THE FUN WORLD(仮名)  | シャムサウンド
シャムサウンドさんの曲はどれもセンスが良いですね!キックとスネアが前に出ているので、そちらでリズムを形成してくれると良かったかも
ちてき生めい体。 | かはをか
唯一無二を目指す姿勢には感服いたします!ジャンルが被らない枠にいるので、ピタっとはまったものが来ると採用せずにはいられなくなりそうな魅力があります。
雨の日と火曜日の朝は  | Goronyan
楽曲とボーカルが絶妙で、5拍子というところは何事もなかったようにすんなり入ってくる名曲です!お気に入り。
Tombo in 4/4 (仮)   | S-GR
昔、ゲームのBGMでこういう曲を作った思いでがよみがえります~。
DRIVE ON BEAT | Beat Charger
ジャンル的に直球勝負ながら、平成27年に聞くというところに変化球を感じました。
valkyria | ねっち
ドラムパートを聴く限り太鼓の達人をすごく意識しているのが伝わってきます!口ずさめるメロディーが乗ってくるともっと良くなると思います!
Wind Of SHIKI  | 0→Mega(和風)
カブキビートという感じですね!1曲を通してテンションがあまり変わらないので、音で物語(起承転結)を紡いでくれるとさらに良くなると思います。
STEP! and CLAP!  | MorryBK
往年のドライブゲームの匂いが!懐かしさを覚えます。
怪盗は、派手に、鮮やかに。  | 瀬戸口晋
ゲームでボスのエリアに入った感じがプンプンしてきますっ!
defeat the enemy within | 文官
カッコイイですね!途中8分音符が続くのでリズム要素がいろいろ変っていけば叩きがいのあるものになりそうですね。
Cat-Nyat | はてぃ~
かわいい~!得意のボーカロイドを封印して生ボーカルにしたのが良い方向に行っていると思います。
路地裏のおもちゃ箱 | 十字ロ
ずーっと変わったことやってきた後の、最後に明るいコードとアルペジオが来るところが、視界が晴れたようで気持ちいいです!
火焔躍ル | taiyo
「ノリノリで~ドコドコドン~」と歌ってしまいそう。和とかPSGぽい音色とか薄く散りばめられているので、名前に負けないくらい「和」を押し出しても良かったと思いました。
Brilliant Dream | K.AyuTAka
チップチューンの音色もステキで楽しい雰囲気ですね。各パートの役割などを整理して、同時にそれぞれのパートが主張しあわないようにすると心に入ってきやすくなると思います。
チェイン・トラップ | コンネグ
個人的には好きですが、5度で構成されたコードやメロディーラインで一貫して不安な雰囲気を出しているので、途中や最後でその鬱憤を晴らすようなメジャーコード感全開さを入れたりしたりしたら気持ちよさそう。
Keep trying | Gowrock
どことなく任侠の世界を感じて私の心の奥底を揺さぶるのは何故でしょう?終わり方が好きです。
ULTRA SPECIAL MASTER DX | MA$AKI
音色をどんどん変化させて飽きさせない工夫をしているのが良いですね。構成にもっと緩急が付けられれば良くなると思います。
祭の合図 | ディア
良くできていると思います。曲が持つ熱量が音色やダイナミックさでうまく表現されるともっと良くなると思います。
Qrazy Beater | Δ→Low
叩く要素的には申し分ない出来です。心の琴線に触れる何かがあれば(メロディーラインとか、コード進行でしょうか)採用したかったです。
廾厶ラィス→/ヽo→ぉすもぅ | 安田Chariけん
「サムライスーパーおすもう」でしょうか。タイトルから想像できない内容の曲でした。不思議ワールド全開でステキです。オシャレな曲も作れる方なので、振りきれずに程よい塩梅の曲も聞いてみたいです。
ジャンカラ・ジャズライカ ~創造主のテーマ~ | ℃iCADa(蝉時雨ミーミーゼミ)
いままでの太鼓の達人には無い雰囲気で良いですね!途中、大好きなRPGのBGMを彷彿させる部分もあったりお気に入り。大きな変化や盛り上がり、終わり方など構成をしっかり考えるともっと良くなりそう。

増渕裕二賞

ちてき生めい体。 | かはをか
可愛らしさと狂気の共存。最初聴いた時は「流氷の天使」と言われているクリオネが豹変してバッカルコーンで捕食するシーンを思い浮かべたのですが、後に歌モノだったということが判明して更なる衝撃。そして意味深な歌詞。深すぎる・・・。
スピード・ガン | yo-ji
渋い!スラップベースがカッコイイ骨太ロック。メロディーも含めてドラムとベースのみで構成されています。これぞ本当の意味でのドラムンベース(Drum and bass)!?曲からは西部劇的な決闘を想起させられました。スピード・ガンによる早撃ち(早計測)なのカッ!?
デジョン | takdrive
めちゃくちゃカッコイイです。 後半、リズムの隙間から零れ落ちてくるホワイトノイズ。 これはもはやマイナスイオン。ノイズ浴キモチイイ!
もう一度水着を着たい | 岡野ゆかり
パッと見はコミックソングなのですが、曲はムード歌謡として非常に完成されており(ホント、プロレベル)、悲壮感漂う歌詞や歌とのギャップが面白さを更に引き立てております。この先10年、自分も気を引き締めていかねば…! (39歳会社員 男性)
Danger signal | 壱太
危機がじわじわ迫ってくる感じが凄いです。リフを何度も繰り返すことによってより脅迫感が出しつつも、単なる繰り返しでなくちょいちょいアレンジに変化があって飽きさせないようになっているのが上手いなぁー。あとシーケンスフレーズをやっているクラビネット風の音色がカッコイイ。
CHANBARA | なつみかん
『「侍」の世界を表現』とのことでしたが、フュージョン系ではあまり用いられない陰音階が用いられていたり、ブルース入ってたりする辺りがまさに「さすらいの侍」を感じさせて良かったです。和楽器の音色にあまり頼らず、楽譜として「和」を体現しているのもポイント。
バカパラ | 長浜 凌
「踊れないダンスミュージック」とでもいいますか、4つ打ち基調なのですが、スリップビートが多用されていてつんのめる感じが面白いです。変拍子っぽいけど終始4/4ということを私は分っている! …うそです、気になってクリック置いて調べました。自分のリズム感もまだまだですな…。
御伽少女と電脳世界 | 十六神数
ワクワク感があって盛り上がり方もとても良かったです。サビに当たる部分で一気に開ける感じがとても爽やかで心地よい。ストーリー性が高く「おとぎ話の世界の少女が電脳空間を旅する」をバッチリ感じることができましたよ!聴くと楽しくなれる栄養剤的な曲でした。
軸のずれた踊り | TAK10
初期のTERA MELOSを思わせるビート感の頻繁な変動。息をつく暇無くカッコイイアルペジオがバシバシ押し寄せてきて、まるでジェットコースターのようでした。何度も乗って慣れているはずなのに毎回スリリングさを感じることができ大変お得ですよ奥さん!(使い減りしません)
DO したいの? TELL ME ver. | ささまるっぺ
80年代アニメ曲っぽいテイストに見事にやられました。メロディもインパクトがあって一度聴いたら脳に焼きつきます。ベースは狭い範囲の往来で成り立っていて全体的に半音の移動も多いので、いじいじしている感じ出ていて歌詞とも非常によく合ってると思いました。
Roads | whiteloveit
この曲めっちゃ好きです(告白の日)。和音が定在してないのでベースやメロディの動きでコード感を感じるわけですが、それゆえに急な転調が起こると一瞬地面を見失って、うわー落ちるとなるのですが、すかさずベースや対旋律が足場を作ってくれて着地させてくれます。そのスリリングさと音色が相まって宇宙を感じました。チップチューン風なのですがメロディに民族音楽的な装飾音があるのも面白いですね。ミックスもギミック豊富で素晴らしかったです。

LindaAI-CUE賞

ちてき生めい体。 | かはをか
「これメチャ面白いんだけど採用すべきか否か」で紛糾しまくった、『太鼓の達人』ならでは一曲でした(笑)。 ぜひ次回はより練り込んだ作で審査員を強引に振り向かせてほしいです。
あの日はもう・・・ | 長江慧一郎
この着想と破壊っぷり!大好きです。 次はココに「ゲームに使うためのメリハリ」「聴いてもらうためのポップな切り口」を加えて、再挑戦をお願いしたいです
DRIVE ON BEAT | Beat Charger
作りのガチっぷりに審査員(特にLindaさん)が泣いた!一曲です。
デジョン | takdrive
ついにここまでキた!この曲が今回「LindaAI-CUEイチ押し」だったのです…。 新しく面白いノイズ音楽に巡り合えるこの感激!それを今後も全宇宙にアピール するためにも、さらなる挑戦に期待してます。
同情破り | SM-NXしゃめい
「ゲーム中で使うこと」を非常に強く意識してるという意味では、一連のヤラカシ勢の中ではもっとも自覚的でよいと思います。 ちとその真面目さが裏目に出たかな?という感もあるので、次回はもうちょい「曲としての面白がりどころ」を押し出した作で、勝負に挑んでほしいです
たのしいne | 純ぴょん
自分としては「いちばん惜しい」ラインの一曲のひとつでした。 ゲームのことを重々意識しつつポップであることも忘れないこのバランス感、次回がとても楽しみです。
太陽と南風!!『改』feat. Kayumai | Noriyuki
…ポップだ! ゲーム用の楽曲を募集してる当イベントではありますが、そもそも「曲が良い」 ことが大事なのよ、とあらためて考えさせられました。
さりじあ☆ | G2(Team.Kanadea)
こういうのをLindaさんが採り上げない理由が無いじゃないですか! もっとゲームに反映できそうなリズムの仕掛けがあると嬉しい(すなわちLindaさ んの仕事が脅かされる(笑))ですよ。
クピカの花は夜に咲く | 雨音
イベントの性質もあって生音的アプローチの楽曲がどうしても不利になっちゃう傾向なのですが そんな中でも果敢に挑んでくれるうえに「ちゃんとゲーム用として使える」印象があるのが嬉しいです。 ぜひさらに磨きをかけて、今度は自分たちがグゥの音も出せない一曲を聴かせていただきたいです。
流☆群 | morn egg
…若い! 「はじめて応募しました」という人は今回もいっぱいいると思いますが、そのみなさんを代表する一曲としてこの曲を採り上げさせていただきたいと思います。 「まだ実力不足だから」とかなんとか言って躊躇してるみなさん!悩む前に作って出して挑んじゃってください!
SHAKUHACHI-BLIZZARD | シン
ここまでガチで映画サウンドを仕掛けてきたことに驚愕です。 尺八とのマッチングも上々ですので、次は「ゲーム的に楽しいフック」をうまく盛り込む勝負ではないでしょうか。
君の飛び膝蹴り | こんにちは
うわあこういうのはすげー好物なのですが…すまぬ! この方向性を維持したうえでゲームにも載せられそうなポップな仕掛けがプラスされるといいなぁ!
なんとかなるさ。 | Kunikichi
むしろ所謂ゲームミュージックのさらに源流、古いテクノポップの香りが面白いです。 これを現代のツール群だけで作っちゃてるというところに、21世紀の感激があります。 次回の応募でどんな音を仕掛けてくるか?楽しみです。
Qrazy Beater | Δ→Low
このガチャガチャした雰囲気、すごく好みです! 非YMOのテクノポップ感を感じるのです。

江藤裕平賞

Caelum | Aoi
音楽ゲームが好きなんだ、という気持ちがとても伝わってきました。曲構成や、雰囲気も非常によかったです。ただ、練られている分、お約束的すぎかな?と思うところも多かったです。是非挑戦を続けて、夢をかなえてください!
太陽と南風!!『改』feat. kayumai | Noriyuki
メロディー、展開、歌、トータルで非常に聴きやすく、ノリよく、きれいにまとまっていると思いました。心地よく爽やかにさせる曲もあれば、聴く人を熱くたぎらせる曲もある、そんなNoriyukiさんの音楽も聴いてみたくなりました。
.875 | しーけー
宇宙感!今回のコンテストでは特にユニークな存在でした。テーマと内容がしっかりとあっている上に、譜面を意識した構成もよかったです。大サビでの驚きがあれば、と思いました。
ふあんおばけ | すえっつ
物語性をもった楽曲は聴いているだけでも楽しいですよね!ノリよく軽快な内容もとてもよかったです。是非また挑戦いただきたいと思います。
Klouz of Revəria | ITSUHA.
太鼓の達人に少ないジャンルの傾向、大会という場所にあう曲、そうしたプレイヤー目線を持った制作やコンセプトの練り上げは素晴らしいと思います。次回機会があれば、是非そこに、この曲でしか楽しめない何かを目指してみてほしいと思います。
ミライ地図 | stereoberry
2stepいいですよね!譜面にして遊ぼうとすると、やや難解なリズムになるのですが…(だがそれがいい)反面聴きやすく、歌もステキな曲!だったのですが、すんなりしすぎ、という印象もありました。
Luminous Rage | Endorfin.
狙い通りのコンセプトが実現された楽曲と素直に思いました。演奏してもきっと楽しい譜面になっていたと思います。丁寧にハイクオリティの音楽が作れるのであれば「この曲でしか」な要素を求めたくなってしまいます。
【IA】-舞- | うるふ
和風+ロック+ヘビメタなギターとユニークな楽曲でした(意外にも和物はそこまで多くなかった!)メロディーも構成も印象的ではあったものの、あと一歩、聴きやすさ以上の何かが欲しかった、と思います。

準佳作

増渕裕二賞

江藤裕平賞

川元義徳

コンテストを開催するたびに、参加者が増え、品質も向上しています。
嬉しいことですが、確実に審査の時はどれを採用すべきかで悩む場面が増えてきています。
投稿曲へのコメントを見ても、作曲者同士の交流も垣間見れました。
情報交換したり、お互いの曲に刺激されたりして、さらにまた制作力もアップすることでしょう。
次回開催の時には、さらに悩まされることを楽しみにして

LindaAI-CUE

『太鼓の達人』における自分の楽曲傾向などを鑑みるに、
・まずは「ノイズ・アヴァンギャルド系音楽の手法」を軸に挑んできた人たちの中から積極的にピックアップすべき
・初期衝動に突き動かされて作りました!というイキオイのある人を採り上げるべき
と思い、何曲かにコメントをつけさせていただきました。
きっと一般受けしないだろうなぁ、でも自分は好きなんだよな…という葛藤にあれやこれや創意工夫を積み重ね「ポップなもの」かつ「ゲームに使えるもの」として応募してきてくれたみなさんに、最大限の感謝を!

江藤裕平

今回も本当にたくさんのご応募、ありがドンございました!
今回の楽曲公募コンテストは、皆さまにとってどういったものになりましたカッ?はじめての投稿だったり、絶対採用を信じていたり、まさか採用されるとはと思っていたり、本当に様々だと思いますが、皆さんの作曲人生において、記憶しておきたいイベントの1つになっていたら幸いに思います。
こうした機会を定期的に、そしてさらに皆さまが活躍できる舞台として、用意していけるように、一層努力していきたいと思っていますので、是非それまでに腕を磨いていただければ!
またお会いできることを楽しみにしています。

増渕裕二

皆さま、オツカレーウドンです。太鼓チームサウドン増渕です。

「大会課題曲としての公募は2回目なので、前回より少し応募が増えるかな」と考えてはいたのですが、フタを空けてみれば応募総数は前回の2倍近くとなりました!たくさんのご応募、本当にありがとうございました。
当初は900曲近い膨大な数の曲ファイルを見て戦慄が走りましたが(旋律 de
戦慄)、聴いていくのが本当に楽しくて日々少しずつ審査していったらあっという間に終ってしまった感もありました。
これだけの曲数があると合格候補としたい曲が沢山あがってくるのですが、当然ワクはある程度決まってしまってますのでそこに収まりきらずに悩みまくりの日々でした。また、審査員によって評価が真っ二つに割れる曲もあって審査会でプレゼン合戦をしたりもしました。審査自体も一種の戦いを呈しており、そういった意味でも大会の始まりを強く感じるのでした。
また、「今回応募するために初めて作曲したのかな?」という曲も見受けられました。技術的には、まだこれからなのかもしれませんが、「ちゃんと曲を完成させて一定の手続きを踏んで応募する。しかも一般公開される。」ということだけでも凄いことです。今回の公募が作曲のキッカケになったのであれば、それだけで嬉しいです。
今回は「大会課題曲向け」という「お題」があったので、「曲は凄く好きだけど演奏用・大会用としては…残念!」という苦渋の決断も多々ありました。そもそも音楽に正解はありません。今回選考から外れてしまったとしても自身が制作した曲には誇りを持ち、今後も自分の音楽を続けていってください。また会える事を楽しみにしております!

アートワークに応募していただいたみなさん。かわいいもの・かっこいいもの・シュールなもの、まさに太鼓の達人が題材だからこそのバラエティー豊かな作品達に愛を感じずにはいられません。ありがとうございました!立つドン人気が凄い(笑)

ドンだーのみなさん。一般投票ありがとうございました。推し曲に投票したり、知人への紹介でアシストしたり、一種の絆であったと思います。ちょっとずつの力が沢山集まって何かを支えていける…素晴らしいですね。と、沢山の投票をみて思っていました。今後、大会に参加する人、それを応援していく人、見守る人、などなど色々な形で大会に携わってくださるかと思います。引き続き絆をもってして、みんなで素晴らしい大会を作っていけるようよろしくおねがいします!

課題曲募集部門(For Japan Entries)

募集終了

エントリー期間
2015/08/01 (土) 15:00 〜
2015/09/30 (水) 23:59

アップロード
648

For Taiwan, Hong Kong and Korea Entries

募集終了

エントリー期間
2015/09/01 (火) 15:00 〜
2015/09/30 (水) 23:59

アップロード
49

このサイトで視聴するには
Adobe Flash Player 11.4以上が必要です。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。